仁の「学校では教えてくれない人間関係の秘密。」

*

怒られ慣れれば平気になる!? 大間違いです。怒られるほどダメになるんです。

      2018/04/11


よく会社なんかで

「最近の若者は叱るとすぐ会社を辞める」とか、

「今の若者は根性や忍耐が無い」とか、

とにかく若い人は怒られることに対する耐性が無いという話をよく聞きくんですよね。

そしてその原因として、「最近の若い人は怒られた経験が少ないからだ」という声もよく聞きます。

 

実はこれ、本当でもあり嘘でもあるんです。

怒られることにより、精神的に鍛えられていく人もいます。

でも逆に、どんどんダメになっていく人もいるのです。

 

同じように怒られて、なぜ成長する人もいれば、逆にダメになっていく人もいるのか?

その理由が分からなければ、いくら叱られても成長することは出来ない、強くなることなど出来ないのです。

 

はっきり言います。

怒られるとすぐ会社を辞めたり、逃げ出したり、すぐ諦めてしまう…

その原因は、怒られ慣れてないからではありません。

そんなこと関係ないんです。

 

どうすれば、怒られても挫(くじ)けずにいられるのか。

どうすれば、怒られても平気でいられるのか。

どうすれば、怒られることにより成長していけるのか。

今回はそのことについて話していきますね。

 

スポンサードリンク



 なぜ怒られると、むしろダメになるのか?

「怒られることを恐れる人は、怒られ慣れてないからだ」

子供の頃に怒られるという経験をしてきてないから、大人になり社会に出てから上司や先輩に怒られると、どうしていいか分からず戸惑ってしまったり逃げ出したりしてしまう。

 

確かにこれまで怒られた経験の無い人間からすれば、大人になって急に怒られればビックリして怯(ひる)んでしまうでしょう。

でも、子供の頃さんざん怒られ続けてきた僕の経験からすれば、これは完全に本質からズレてます。

怒られることに耐えられないのは、自己肯定感が低いからなのです。

怒られ慣れるとかは、基本的に関係ありません。

もし怒られ慣れてないというのが原因であるなら、大人であれば何回か怒られる経験を積めばすぐ慣れます。

こんなことで頭を悩ませることなんて無いはずなんです。

 

怒られることが苦痛でたまらない、何度も逃げ出してしまうのは、自己肯定感が低いからなんです。

自己肯定感が低いから、耐えられないのです。

 

 

 

 自己肯定感の低い人が怒られると…

自己肯定とは、自分のことを自分で肯定してあげること。

自分で自分を認めてあげることです。

自分の存在そのものをそのまま受け入れてあげることです。

 

この自己肯定感は、子供の頃に親や周囲の人間から

「自分をちゃんと受け入れてもらえた」

「自分のことを認めてもらえた」

といった経験を重ねることにより、その土台が作られていきます。

 

自分が受け入れられ、認められることにより、

「自分はここにいてもいいんだ」

「自分はみんなから愛されているんだ」

といった自分を肯定する思いが高まっていき、それはやがて自分を信じる気持ち、「自信の心」を作り上げていきます。

 

自己肯定感が高いと、怒られようが、例え自分のことを悪く言われようと、「俺(私)はダメな人間だ」なんて自分を否定することはありません。

むしろ怒られることをプラスに受け止め、そこから様々なことを学び、どんどん成長していきます。

 

 

しかし自己肯定感が低いと、最初から自分を否定する考えを持っているので怒られることによって、

「あぁ、やっぱり俺(私)ってダメな人間なんだ」

と自己否定感をさらに強めていってしまうのです。

例えそれが怒るという行為でなくアドバイスや助言であっても、

「俺(私)がダメな人間だから、こんなこと言われるんだ」

と悪い方へと取ってしまいます。

どんなことを言われても、全て自分を否定する材料へと変えてしまうのです。

 

そして自己肯定感の低い人間にとって怒られるという行為は、強烈な「自分を否定される行為」なんです。

だから自己肯定感が低い人間が怒られると、怒られることに慣れるどころか、ますますダメになっていってしまうのです。

 

 

 

 怒られ慣れる必要はない!!

実は僕自身、以前は自己否定の塊のような人間でした。

人から何を言われても、全て自分を否定する言葉として捉え、いつも

「俺なんて人間はいない方がいいんじゃないか」

とばかり考えていました。

 

そんな僕が自分自身の、異常なまでの自己否定の強さに気付いたのは、30歳を越えてからです。

それに気づいてからは、自分の人生を変えていくため、必死に自分の心と向き合いました。

 

これまで自分にダメ出しばかりし続けていたのをやめ、自分の望むように振る舞ってこれなかったこれまでの自分を全て許し、そしてこれからの人生で何があっても自分を見捨てたり見限ったりしない、人生の壁や障害に対し自分自身と共に闘っていくことを自分に誓いました。

すると次第に、何かあるとすぐに乱れていた僕の感情がだんだんと安定し始め、気付けば上司や目上の人間から怒られても恐怖を感じなくなりはじめていました。

自分と信頼関係を築き自己肯定感を高めることにより、恐怖の感情をコントロールできるようになっていたのです。

 

大切なのは、怒られることに慣れよう、慣れさせようとするのではなく、自己肯定感を高めていくことなんです。

怒られることによって「相手から否定された」と感じることもあると思います。

でも実は否定しているのは相手ではありません。

相手の発した言葉を、自分で勝手に「俺(私)は否定された」と自分で思い込んでいるだけなんです。

相手に否定されたのではなく、自分で自分を否定しているだけなんです。

だから人から何を言われようが、「俺(私)はダメだ」なんて自分を否定する必要は無いし、相手の言葉を気にする必要も無いんです。

 

 

自分のことを信じてあげるのです。

自分を信じ、自己肯定感を高めていくのです。

自己肯定感が高まれば、誰から何を言われようと何とも思わなくなります。

自己肯定感が高まるほど、怒られることによりたくさんの気付きも得られるようになる、怒られることがどんどんプラスになっていくのです。

怒られ慣れようとする必要はありません。

自己肯定感を高めることこそが大切なんです。

 

 

*自己肯定感に関しては、良かったらこちらの記事も参考にしてみてください。

【社会的成功も良好な人間関係も幸せな人生もこれが無ければ実現しない!!人生における最も大切なこと。】

こちらも合わせてどうぞ→【誰とも関わりたくない…人間関係にもう疲れた…そんな時に読んでください】

 

 

次の記事はこちら→実は怒ってる本人が一番苦しんでる!? よく怒る人ほど本当は自分が嫌い!!】

 

初めから読む→【怒る人は怒りやすい相手を選んで怒っている!! 怒られキャラから脱するには…】

 

カテゴリ内記事一覧→【怒る人の対処法】


スポンサードリンク




 - 怒る人の対処法 , ,


カテゴリー一覧はこちら

・自分の殻を破る
・人間関係を変える
・感情コントロール法
・怒る人の対処法
・魅力的になる方法
・思考を現実化させる
・仁の会話術
・人心掌握術
・仁のリーダー論
・アンチヒーロー
・仁の本音
【全記事一覧】
【自己肯定感 診断テスト】


 
コメントを閉じる

メッセージはこちらからどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.