「ボクからアナタに、大切なことを伝えようと思う。」

ー学校では教えてくれない人間関係の秘密についてー

*

うっかりミスが無くなった!!上司からの頼まれ事も自分のやるべき事も段取りよくきっちりこなす方法。

      2017/09/14


上司からの頼まれ事やお客さんとの約束事なんかをつい忘れてしまってて、怒られたり取り返しの付かないことになってしまったことってありませんか?

実は僕自身、新人時代にとてもうっかりが多くて上司から何度も怒られたり、お客さんにも迷惑をかけてしまったという経験があるんです。

どうしたらこういったミスを無くす事が出来るんでしょうか?

 

実は僕はあることを習慣付けてから、それ以降うっかりミスが全く無くなりました。

人からの頼まれ事や自分のやるべき事をきっちりとこなし、なおかつ段取り良く進めることができるようになったのです。

今回は、僕がいつもやっている「うっかりが必ず無くなる方法」について話していきますね。

 

スポンサードリンク


 

 うっかりが必ず無くなる方法とは?

会社での上司からの頼まれ事や、お客さんや家族・友人との約束事などをつい忘れてしまうことってありますよね。

ごめんなさいで済めばいいのですが、それが仕事上の頼まれ事だと、場合によっては会社に損害を与えて上司から大目玉を食らうこともありますし、何より周りからの信頼を失って自分の人間関係にも大きなマイナスを被ってしまいます。

それが物理的に無理な頼まれ事であるなら仕方がありませんが、思いっきり自分がボケてて忘れてたってことになると言い訳のしようもないですよね。

自分のためにも周りの人たちのためにも、そういったうっかりミスは極力防がなければなりません。

 

でも他のことでいろいろ忙しくしてると、つい忘れてしまうんですよね。

完璧な人間などいないのですから仕方の無いことです。

 

そして実は僕自身、けっこう忘れっぽい人間なんです。

自分の好きなこと、やりたいこと、興味のあることはよく覚えているのですが、それ以外のことはかなりの確率で右から左へと抜けていきます。

 

でも人間誰しもそういう部分を持っているんですよね。

自分にとって重要なことは常に意識の前面に出ているのですが、重要でないことになると途端に意識の奥へと引っ込んでしまう。

上司からの指示や頼まれ事でも、自分に直接関係の無いこととなるとどうしても奥に引っ込んでしまって、つい忘れがちになってしまうのです。

 

じゃあ上司からの頼まれ事を忘れないようにとそのことばかり考えてたら、今度は自分のやるべきことが疎か(おろそか)になってしまいます。

自分のやるべきことをきっちりやりつつ、上司や目上の人間などからの頼まれ事も忘れず確実にこなすにはどうすればいいと思います?

 

その答えは「メモを取る癖を付ける」です。

常にメモ帳などを持ち歩き、やるべきこと、忘れてはいけないことがあると、その都度メモ帳に書くのです。

そしてそのメモ帳を定期的に確認する癖を付けるのです。

 

な~んだ、そんなことか…なんて声が聞こえてきそうですが、バカにしてはいけません。

この習慣を身に付けることによって僕は、仕事上のうっかりミスが全く無くなりました。

そして上司からも信頼されるようになり、お叱りや小言などを言われることもほぼ無くなってしまったのです。

活用の仕方によっては、メモ帳はあなたにとってかなり強力な武器となってくれるのです。

 

 

 

 メモ帳があなたの現実を変える

で、具体的にメモ帳をどのように使えばいいかという話ですが、先ほども言ったように僕はかなり忘れっぽい性格です。

だから仕事上の指示や頼まれ事はもちろん、ちょっとでも忘れそうなことがあれば全てその都度メモ帳に記します。

そして期限のあるものなどは、それをいつまでにやればいいのか、その横に日付や時間も記すようにしてます。

そして書いたものに順番や優先順位などを付け、それをいつやるのか全て段取りまで決めます。

 

で、後は段取りに沿ってやるべきことを進めながら、定期的にメモ帳を見て進み具合などをチェックするのです。

途中急ぎの用件が入ればまたメモ帳の中に書き込み、期限や優先順位を考えながら予定をつっこんでいきます。

これによって僕の仕事の効率や完成度はグンと上がりました。

 

正直頭の中だけでものごとを整理し段取りを組もうとしたって限界があります。

こうやって頭の中にある「やるべきこと」を目に見えるように書き出し確認することによってミスは無くなりますし、最も効率的な段取りも組めるようになるのです。

また、やるべきことを思い出しながらでは、今やるべき自分の仕事や作業に集中することも出来ません。

視覚化し整理することによって頭の中がクリアになると、仕事の完成度やスピードも全く変わってきます。

本当に変わりますよ。

ぜひあなたもやってみて下さい。

 

また、メモ帳ではなく手帳やスマホなど自分が使い慣れているものを使ってみても良いと思います。

こういうこと事態が面倒だという人は、まずは胸ポケットにでも小さなメモ紙を入れてやってみて下さい。

習慣になれば全く苦になりませんし、逆にこれをやらないと落ち着かなくなってきますから。

 

 

そして最後にひとつ、注意点があります。

書き込んだメモ帳は絶対に失くさないでくださいね。

僕は一度失くしてしまい、自分のやるべき事や段取りが分からなくなって大慌てしてしまいましたから…

 

 

次の記事はこちら→【怒られない人が持つ7つの秘密スキル】怒られたくなければこれをマスターしろ!!

 

初めから読む→【怒る人は怒りやすい相手を選んで怒っている!! 怒られキャラから脱するには…】

 

カテゴリ内記事一覧→【怒る人の対処法】

 

スポンサードリンク


 


 - 怒る人の対処法 , , ,


カテゴリー一覧はこちら

・自分の殻を破る
・人間関係を変える
・感情コントロール法
・怒る人の対処法
・魅力的になる方法
・思考を現実化させる
・仁の会話術
・人心掌握術
・リーダー論
・仁の本音
【全記事一覧】
【自己肯定感 診断テスト】


 

Message(返事が遅くなることもあります、ご了承ください)

メールアドレスが公開されることはありません。