「ボクからアナタに、大切なことを伝えようと思う。」

ー学校では教えてくれない人間関係の秘密についてー

*

人間関係を円滑にするにはこれ1つだけ押さえておけばもう大丈夫!!テクニックなんかはいらない

      2017/09/14


この世にあふれ返る人間関係攻略のテクニック。

ネットや書籍など、人間関係に関する情報はそこらじゅうに転がっています。

みんなが自分を取り巻く人間関係に頭を悩ませ、答えを探し求めているわけです。

 

あなたはどうですか?

人間関係は良好で、不満らしい不満なんか全く無い…ってことは無いですよね。

人間関係に関して何かしらの悩みを抱えているから、このサイトにも来てくださってるんですよね。

 

なぜこんなにも人間関係に関するコツやテクニックはあふれ返っているのに、人間関係に頭を悩ませる人は一向に減らないんでしょう?

実は人間関係が上手くいかない人というのは、共通して欠けているものがあるんです。

他人と信頼関係を築くために無くてはならない大事な視点が欠けているのです。

そしてこの視点が無ければ、決して他人と上手くやっていくことはできません…

 

スポンサードリンク


 

 大事な視点とは…?

「他人と人間関係を上手くやっていくために、無くてはならない大事な視点」

一体何だと思います?

 

相手を思いやる気持ち?

空気を読む?

聞き上手に徹する?

相手に共感してあげること?

 

いえ、もっと基本的なことです。

それは「相手に興味を持つこと」です。

 

「は?そんなの当たり前だろ」なんて声が聞こえてきそうですが、これは人間関係を考えていく上でとても大事な大前提なんです。

そして、これができてるようでできてない人がとても多いのです。

 

相手のことを見ているようで見ていない。

相手のことはちゃんと認識してるんだけど、相手のことを興味を持った目で見ていないから相手の気持ちや相手のちょっとした変化にも気付けない。

相手のことを理解することができないのです。

相手のことが理解できなければ上手くコミュニケーションを取ることもできません。

当然人間関係も上手くいくわけありません。

みんなこれが分かってるようで、この大切さが理解できてないんです。

 

僕の知り合いに、人間関係の構築が異常に上手な女性がいます。

その女性はどんな相手とも仲良くなってしまいます。

みんなが「この人はホント難しい」と口をそろえて敬遠するような相手とすら、二人で楽しくランチに行くほどの人です。

その女性について、これからちょっと話をさせてもらいますね。

 

 

 

相手に興味を持つとは

この女性は僕より若くて社会経験も少ないんですけど、職場でもプライベートでも見事なまでに人間関係を組み立てていきます。

人と話をする時は相手とテンションを合わせ、自然と自分のペースに巻き込んでいきます。

その時の相手の気持ちや感情を読み取り、上手く相手の感情と自分の感情を同調させていくのです。

本人はどうも無意識にやっているようなのですが。

 

そしてみんなで話をしてる時なんかで、ある人が言いかけて言いそびれたことや、強調したかったこと、言いたいけど言えなかった本音なんかを敏感に読みとり、後でその相手とまたその話をしたりしているのです。

相手からしてみれば、そんなとこにも気付いてもらえてとても嬉しいですよね。

そしてこの行動も、本人は特に意識せずやっているようです。

 

この女性はなぜ、これらのことを意識もせずに自然にできるのか。

それはこの女性が相手に興味を持ち、関心の目を向けているからなんですよね。

ただ相手のことを観察しているだけでは、相手の気持ちに気づいてあげることはできません。

相手に興味を持っているから相手のいろんなことが見えてくる。

相手に興味を持っているから、相手のちょっとしたしぐさや表情・声や言葉から、相手の気持ちが読み取れるのです。

 

 

 

 周りから関心を持たれないほど辛い人生は無い

周りの人間から関心を持たれないことほど悲しいことはありません。

特に、その相手との関係が近ければ近いほどそうです。

僕がよく訪問させていただいてるブログにあった記事で、

「愛の反対は憎悪や嫌悪などではなく”無関心”だ」

という言葉があったのですが、まさにその通りだと思います。

嫌われたり憎まれたりするのも、ある意味その人間から関心を持たれている証拠でもあります。

誰からも全く関心を持たれない、自分という人間に誰も興味を持たない、まさに自分はいてもいなくても同じ…こんな悲しいことはありませんよね。

そしてこれは僕やあなただけでなくみんな同じ、みんなそうなんです。

周りから関心を持たれない人生ほど、辛い人生は無いのです。

 

関心を持った目で相手を見る、そしてそれを言葉や行動に表わしてあげる、たったそれだけで人は嬉しくなるものです。

自分に関心を持ってくれる、つまり自分の存在を認め、受け入れてくれている。

人から関心を持たれるだけで、人は自分の存在価値さえも感じるものなんです。

 

だからといって何か特別なことをしなければいけないってことじゃないんですよ。

まずは身近な人に何か変化があった時、例えば髪型が変わったりとか、いつもと違う服や鞄やアクセサリーを身に付けているとか、何でもいいんです。

何か変化を見つけた時、言葉にして言ってあげたり、態度に表してあげてみましょう。

たったそれだけで相手は嬉しいものです。

 

逆に、髪型をこれまでとは全く変えて職場や学校に行ったのに、誰も全く触れようとしない。

ずっと欲しかった車やバイクをやっとの思いで買ったのに、みんなにスルーされてしまう。

それってなんだかすごく寂しいですよね。

 

 

相手に興味を持ち、それを言葉や行動に表わしてあげる。

たったこれだけのことでいいんです。

変にテクニックや裏技なんか使わなくていいんです。

これをやるだけで、あなたを取り巻く人間関係は変わります。

変にテクニックに走ろうとするから、ややこしくなり、上手くいかなくなってしまうんです。

人間関係は、実はシンプルに考えたほうが上手くいくことが多いのです。

 

「相手に興味を持ち、関心を持って接する」

このことを心がけ行動に表わすだけで、あなたを取り巻く人間関係は変わり始めるのです。

 

スポンサードリンク


 


 - 人間関係を変える , ,


カテゴリー一覧はこちら

・自分の殻を破る
・人間関係を変える
・感情コントロール法
・怒る人の対処法
・魅力的になる方法
・思考を現実化させる
・仁の会話術
・人心掌握術
・リーダー論
・仁の本音
【全記事一覧】
【自己肯定感 診断テスト】


 

Message(返事が遅くなることもあります、ご了承ください)

メールアドレスが公開されることはありません。