「ボクからアナタに、大切なことを伝えようと思う。」

ー学校では教えてくれない人間関係の秘密についてー

*

会話術①:実は会話が苦手・苦痛なのにはちゃんと理由があるんです

      2017/09/14


あなたは人と話すのが得意ですか?

それとも苦手ですか?

 

おそらく苦手だからこそ、この記事を読んでくれているんだと思います。

 

実は以前の僕は、人と話すのがすごく苦手でした。

自分から人に話しかけることはなく、いつも相手から話しかけてもらう。

人と関わること自体が苦手、人と一緒にいるだけで、もの凄く疲れる。

そして極度のあがり症。

昔の僕は、おそらく対人恐怖症でした。

 

でも今の僕は、人と会話したり人と関わることに対して、苦手意識というものは全くありません。

このカテゴリー【仁の会話術】では、僕自身のこれまでの経験を元に、僕独自の会話術をあなたに話していこうと思います。

 

まずは会話に対して苦手意識を持っているあなたに、

なぜ会話が苦手なのか?

なぜ会話が苦痛に感じてしまうのか?

説明していきますね。

 

スポンサードリンク


 

 あなたが会話が苦手な理由

なぜ会話が苦手なのか?

なぜ会話が苦痛になってしまうのか?

 

その理由を一言で説明すると、

「相手から良く思われたいと思うから」です。

 

 

あなたにも、話をしててしんどくなってしまう相手もいれば、逆にいくら話してても疲れない相手もいると思います。

例えば家族・きょうだいなどの身内なんかと話してて、どうですか?

緊張したり、「何話そうか…」なんて悩んだりしますか?

…しませんよね。

なぜかというと、身内の前で変に格好つける必要が無いからです。

幼い頃から自分のことをよく知っている相手に、今さら「この人は優秀な人だ、素晴らしい人だ」なんて思ってもらおうなんて、別に思いませんよね。

 

 

では今度は逆に、苦手な相手・あなたが会話をしてて苦痛に感じる相手を思い浮かべてみて下さい。

あなたはなぜ、その相手が苦手なんですか?

なぜその相手と話してて苦痛に感じるのですか?

 

あなたの心の中に、

「その相手から良い人だと思われたい、面白い人だと思われたい、優しい人だと思われたい、格好いい(可愛い)人だと思われたい、有能だと思われたい、デキるやつだと思われたい…」

または、

「無能だと思われたくない、格好悪いと思われたくない、つまらない人だと思われたくない、一緒にいても楽しくない人だと思われたくない…」

そういった思いはありませんか?

 

人と話しててしんどいと感じるのは、相手から良く思われたい、そうやって相手の評価を気にしてしまうからなんです。

会話に対する苦手意識というのは、他人の目を気にし過ぎることから生まれてくるのです。

 

 

会議や発表会の場で緊張してしまうのは、

「失敗して恥をかきたくない」

つまり

「自分が優秀だと思われたい」

「ダメな人間だと思われたくない」

そう思っているから。

 

異性や好きな人と上手く話せないのは、相手から好かれたい・嫌われたくないと思うから。

頻繁に人とぶつかったり言い合いになってしまうのは、相手に「私の方が優れている」と認めさせて自分自身が安心したいから。

無理してテンションを上げたり会話を盛り上げようとするのも、「この人は楽しい人だ」と自分の印象を良くしたいから。

相手に遠慮して話せないのも、相手を傷つけたくない、つまり「人を傷つけるような人間」だと思われたくないから。

 

つまり、他人からの評価を気にするから上手く話せなくなる、何を話せばいいか分からなくなるのです。

 

 

ではこれが、極端に自己中心的でワガママな人だったらどうでしょう?

自己中な人は、人の気持ちなんて考えない。

自分さえよければ、それでいい。

だから極端に自己中な人は、基本的に自分に対する周りからの評価なんて気にしません。

他人の評価を気にしないから、相手が誰であろうと好き勝手なことを自由に言えます。

周りから批判されようと、関係なく自分の思うように自由に振る舞います。

 

だからと言ってもちろん「自己中な人間になろう」なんて言うわけではないですよ。

結局会話が苦手だと感じている人は、他人の目や評価に振り回されすぎてしまってるんです。

 

相手から、良く思われたい

そうやって相手の目を意識するから上手く話せない

上手く話せないから、相手が自分のことをどう思ってるのかがよけい気になる

ますます相手の目を意識しすぎて、さらに上手く話せなくなる

その結果、会話に対する苦手意識が強化され、「私は会話がダメなんだ」という思い込みが自分の中に作られていく

 

会話が苦手な人は、こういった悪循環の輪にはまってしまい、抜け出せなくなってしまってるんです。

つまり問題は、会話テクニックや、ユーモアや気転が利くとか、そういったことではなく、自分自身の心の問題なんです。

相手はあまり関係ないんです。

 

じゃあどうすればストレスを感じることなく会話を楽しむことが出来るのか?

次回の記事にて、説明していきますね。

 

 

次の記事↓

会話術②:これをしなければあなたは一生会話にストレスを感じ続けなければならない…

 

スポンサードリンク


 


 - 仁の会話術 , ,


カテゴリー一覧はこちら

・自分の殻を破る
・人間関係を変える
・感情コントロール法
・怒る人の対処法
・魅力的になる方法
・思考を現実化させる
・仁の会話術
・人心掌握術
・リーダー論
・仁の本音
【全記事一覧】
【自己肯定感 診断テスト】


 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。