「ボクからアナタに、大切なことを伝えようと思う。」

ー学校では教えてくれない人間関係の秘密についてー

*

仕事や勉強が手に付かない!集中できない!問題を処理しきれない時にやるべき1つのこと。

      2017/09/14


 

やらなきゃいけないことはいっぱいあるのに、ちっとも前に進まない。

時間ばかりが過ぎて、けっきょく何もできてない。

そんなことってありませんか?

 

気持ちは焦ってるのに、何から手をつけていいのか分からない。

あれやこれや並行して進めているけど、何もかも中途半端でろくにできてない。

やらないといけないことは分かってる、でもどうしていいか分からない。

 

頭を抱えているそんなあなたに、どうすれば山積みになった問題をスムーズに処理していけるのか。

その方法を今回お伝えしようと思います。

 

スポンサードリンク


 

 大事なことから目をそらしてませんか?

実は、先日ちょっとすごい人と出会いました。

何がすごいのかというと、「人生のスピード感」です。

ものごとに対する判断速度、そして行動が尋常じゃなく速いんです、その人。

僕が「やったら良いかも…」と思ったことを、僕が思った瞬間にその人は瞬時に判断し、あっという間に行動にまで移しているという、僕には考えられない速さなんです。

 

僕はどちらかといえば、結構じっくり考え込むタイプです。

常に最善の選択をしようと心掛けているので、決断までに時間のかかることも結構よくあります。

 

瞬時に判断し、すぐ行動に移すような行動力のある人間と、逆にじっくり考えこんで慎重に行動に移す人間。

どちらが正しくてどちらが間違ってる…という話ではありません。

人それぞれ自分に合ったやり方があるでしょうし、僕も自分の「じっくり慎重タイプ」が間違っているとは思いません。

 

でも先日会ったその人を見てて、ふと自分の中に”ある疑問”が浮かび上がって来ました。

「俺はじっくり考えこむフリをして、実は面倒なことを後回しにしているだけなんじゃないだろうか…?」

自分がやりたくないこと、決断するのに苦痛を伴うこと、そんな”自分が避けて通りたい問題”に対し、「軽はずみな行動や判断をしてはいけない」と自分自身に都合の良い言い訳をし、その問題をできるだけ後回しにしている自分がいることに僕は気づいたのです。

 

実は自分にとって大事な問題であればあるほど、それを放置したままにしておくと、自分の抱える他の問題や仕事にも影響してくるのです。

その心配事が心の中でノイズ(雑音)を起こし、直接関係のないようなことにも影響を与え始め、知らず知らずの内にあらゆる場面で足を引っ張り始めてしまうのです。

すると、いろんなことが不思議と前に進まなくなり、やらなければならないことがどんどん増えていって、だんだんと処理しきれなくなっていくのです。

 

やらなきゃいけないことがあるのに、ちっとも前に進まない。

気持ちばかりが焦って、何から手をつければいいのか分からない。

もし今のあなたがそんな状況に陥っているのなら、あなたは大事なことから目をそらそうとしてしまっているのではないですか?

 

 

 

 あなたに向けられた信号に気づいてますか?

今あなたの中に、前から気になっていることってありませんか?

 

他のことをしてても、頭のどこかにそれが引っかかり続けている。

他のことをしてても、そのことがふっと頭に浮かびあがって来る。

 

そういったことって無いですか?

もしあるなら、あなたの心があなたへ向かって信号を送っているのです。

あなたがより良い人生を送るために、あなた自身がやらなければならないこと、

あなたにとって、越えなければならない壁があること、

そういったことを、あなたの心があなたに教えようとしてくれているのです。

 

人というのはやらなければいけないことがあっても、自分の好きなことや簡単にできることなんかを優先的にやろうとしてしまうものです。

苦痛の伴うことなんて、誰だってやりたくありません。

だから避けて通れないことがわかってても、どうしても後回しにしてしまいます。

結局あとからやらなくてはいけないとわかってても、先延ばしにしてしまいます。

でもやりたくないことや気になってしまうことというのは、言い換えれば今の自分にとって「クリアしなければならない課題」です。

いつか必ず越えなければならないんです。

だからいくらあなたが目をそらそうとしたって、あなたの心はあなたのために「やらないといけないよ」と信号を送り続けてくるのです。

 

もしそれを無視し続けてやり過ごしても、必ず別の形となってあなたの前に現れます。

あなたがその問題をクリアしない限り、何度でもあなたの人生にしつこく現れてくるのです。

例えばどこの職場に移っても、同じような人間関係で悩まされたりとか…

どの集団の中にいても、いつも損な役回りをさせられたりとか…

気になっている問題を解決しない限り、あなたの成長のために心があなたへ信号を送り続けます。

 

僕は若い頃、いわゆる「逃げクセ」がありました。

 苦しいことはできるだけやりたくない…

 矢面(やおもて)には立ちたくない…

 責任は負いたくない…

不安なことからいつも逃げ出すことばかり考え、どうやってごまかすかということを中心に自分の行動を決めていました。

気になることがあっても、時間が経てば都合良く解決してくれる…誰かが何とかしてくれる…そんな自分勝手な妄想をして、いつも問題から目をそらしてばかりいました。

その結果、自分の力では越えられないような大きな壁が、いつの間にか僕の目の前に立ちはだかっていました。

僕は、周囲のみんなから落ちこぼれていきました…

 

 

 

 あなたが最優先でやらなければならないこと

このようにならないためには、どうすればいいか。

答えはシンプルです。

とにかくあなたが今一番気になっていること、気がかりな問題を、最優先事項として取り組むことです。

一番気になってることを、とにかく一番に片づけるのです。

 

シンプルですが、状況によってはこれは大変かもしれません。

苦痛が伴うかもしれません。

でも、この「一番気になってること」が片づいてしまうと、あれだけ溜まっていた他の問題も驚くほどスムーズに流れ始めていくのです。

これは勉強や会社の仕事もそうですし、人間関係にも当てはまります。

気になるということは、あなたにとってその問題がとても大事なことだということ。

あなたの人生にとって”重要な問題”だということです。

 

自分にとって重要な問題が解決すると、目の前が急に開け始めてきます。

頭の中が整理されてクリアになり、自分のやるべきこと・進むべき方向が自然と見え始めてきます。

すると、ものごとに対する判断や行動も自然と加速していきます。

人生のスピード感が、驚くほど変わり始めるのです。

 

人間はそれぞれ決められた時間を与えられています。

残念ながら、増やすことも減らすこともできません。

でも同じ時間を過ごすにしても、その内容や密度を濃くすることはできます。

自分に向けられている課題に気付くこと、そしてその課題ときちんと向き合うこと。

課題をクリアしなければ、その課題はあなたのあらゆることに影響を与え始めます。

 

例えるなら、越えるべき課題とは、川のど真ん中にあって水の流れを押し留めている大きな石のようなもの。

この石を取り除かない限り、水の流れは悪くなり、どんどん水や泥が溜まっていきます。

逆にこの石を取り除くと、一気に水は勢いよく流れ始めます。

たった一つの問題が、全ての流れを悪くさせてしまっているのです。

 

今のあなたにとって、一番気になってることは何ですか?

その問題を、最優先で片づけてしまいましょう。

 

スポンサードリンク


 


 - 自分の殻を破る , , ,


カテゴリー一覧はこちら

・自分の殻を破る
・人間関係を変える
・感情コントロール法
・怒る人の対処法
・魅力的になる方法
・思考を現実化させる
・仁の会話術
・人心掌握術
・リーダー論
・仁の本音
【全記事一覧】
【自己肯定感 診断テスト】


 

Comment

  1. ひめ より:

    気になっていることを、最優先で片付ける!いつも、素晴らしいヒントを、ありがとうございます❗

Message

メールアドレスが公開されることはありません。