仁の「学校では教えてくれない人間関係の秘密」

~子供の頃に憧れた大人になれていますか?~

*

なぜ次から次へとトラブルがやって来るの!?実は困難は重要なサインだった

      2016/01/27


崖なぜか不思議と、トラブルや困難ばかりが重なる時ってありますよね。

何をやっても上手くいかない。

なぜかトラブルばかりが続く。

頑張っても頑張っても状況は変わらなかったり、むしろ悪くなっていったり。

 

こういう時って、まるで一生分の不幸がまとめてやって来たかのように感じてしまいますよね。

でも、果たして本当に自分の人生で背負わなければならない不幸がまとめてやって来てるんでしょうか?

 

実はそうではないんです。

あなたの元にやって来てるのは、不幸なんかじゃないんです。

だから人生が上手くいかないからって、投げやりになったり諦めたりする必要は全く無いのです。

 

スポンサードリンク


 

 なぜ困難やトラブルは起こるのか?

実は以前の僕も、何をやっても上手く行かない時期というのがずっと続いていました。

自分の置かれている状況を良い方向に変えていこうと一生懸命頑張ってもがいても、逆に次から次へと問題が発生し、状況は悪くなるばかりでした。

頑張っても上手くいかず、そんな不甲斐ない自分を責める、そして自分のことを否定し、ますますダメになっていく…そんな悪循環の輪にはまっていました。

 

 

ところで話は変わりますが、なぜ人生では上手くいかないことが起こるんでしょうか?

なぜ困難やトラブルが起こるのか、その理由などを考えたことはありますか?

 

困難やトラブルが起こる理由…

それは「今のあなた自身が変わるべきタイミングに来ている」というサインなんです。

今のあなたが「成長」や「変化」すべき時期に来ているんだという、心が発するサインなんです。

 

 

以前の僕は、困難やトラブルばかりの自分の人生に対し、

 なぜ上手くいかないんだろう…

 なぜ困難ばかりがやって来るんだろう…

 なぜ努力しても現実が思うように変わらないんだろう…

答えが出ぬまま、ずっと悩み続けていました。

 

そして考え続けた結果、あることに気づきました。

自分の望む現実や、なりたい自分を目指して頑張れば頑張るほど、なぜか困難が現れる。

でもよく考えたら、実はその困難は今の自分が解決しなければならないものばかり…

つまり、今まで僕が一生懸命頑張って引き寄せていたもの、それは自分の望む現実や自分の理想とする姿ではなく、そこにたどり着くために必要な材料だったんです。

自分の望む現実を手に入れるためにやらなければならないこと、なりたい自分になるためにクリアしなければならない課題、そういったものを引き寄せていたのです。

つまり望む現実にたどり着くために僕がしなければいけないこと、そのヒントがハードルとなって僕の目の前に現れ続けてくれていたのです。

だから前に進もうとすればするほど、逆に困難はどんどんやって来るのです。

もしあなたの人生に困難が多いと感じているのであれば、それだけあなたが頑張って前へ進もうとしている証拠でもあるんです。

 

 

 

 トラブルは、あなたが今「変わるべきだ」というサイン

「いやいや、ちょっと待て。俺は今のままでいいんだよ。人生に高望みなんかしてないし、ほどほどの人生を歩めたらそれでいいんだよ。…なのにトラブルが発生してるんだけど。」

 

なんかこんな声も聞こえてきそうですね。

確かに現状に100%満足し、全ての望みを捨てることができれば、あなたの人生からは困難やトラブルは無くなってしまうと思います。

でもそれは無理です。

全ての望みを捨てることなどできないのです。

 

まず人間には、基本的に「食欲、睡眠欲、性欲」という3大欲求が本能に組み込まれています。

栄養や睡眠を取らなければ人は死んでしまいますし、生殖活動を行わなければ種の保存や繁栄も望めません。

つまり人間の3大欲求は、生物であれば生きていくために必ず備えている本能であり、仮に3つの内「性欲」を捨て去ることができたとしても、残りの2つは捨て去ることなんてできませんよね。

またモノや情報があふれ返っている現代社会では、様々な欲が限りなく派生していってます。

また単純に、「黒い服と白い服、どっちが好き」と聞かれて「黒い方が好みかな」なんて答えるのも、ある意味欲がある証拠ですよね。

僕はまだ「私は全ての欲求・望みを捨て去ったぞ…」なんて人に会ったことありませんし、そんな人いたらすでに人じゃないような気がします。

 

 

ちょっと話がそれてしまいましたが、もしあなたが人生に対し高望みをしていないのにもかかわらずトラブルや困難が発生してしまうのも、結局同じことです。

やはりあなたが今、「変わるべき時」に来ているのです。

今のあなたのままだと、この先やっていけなくなる…あなたの心がそう判断し、「あなたは今変わるべき時なんだ」と、越えないといけないハードルをトラブルや困難という形で作り出してくれているのです。

だからそのサインを無視し、トラブルや困難を解決しようとしなければ、あなたは今後ますます苦しい状況に追い込まれていってしまうことになるのです。

 

 

 

 「変化したくない」という心の壁を乗り越える

困難やトラブルを恐れる必要はありません。

自分が成長するため、人生の軌道修正をするため、望む人生を手に入れるために、困難やトラブルというものは必要なものなんです。

むしろ歓迎すべきものなんです。

 

このことに気づいてからの僕は、日に日に人生が変わり始めていきました。

以前は怖くてたまらなかった数々の困難に対し、恐怖を感じることが無くなりました。

恐怖どころか、望む現実を引き寄せるためのヒントが得られるので、むしろ楽しみにさえなっていきました。

よく「若い時の苦労は買ってでもせよ」なんて、諺(ことわざ)でも言ってますが、買ってまで苦労することは無いんです。

大事なのは、今自分の置かれている現状をしっかり分析し、それときちんと向き合うことです。

そうすれば、自分の望む現実を引き寄せるために必要なものがすでに揃っていることに気づくはずです。

 

 

人間は変わろうと思えば、今この瞬間にだって変わることができるんです。

でも自分の人生観が変わるほどの大きな出来事がない限り、それは難しいと思います。

望む現実を引き寄せたいのであれば、自分の目の前で起こっている現実の意味を注意深く分析し、毎日少しずつでも継続して変化し続けていかなければなりません。

 

しかし実は、ここで大きな問題があるんです。

人間は基本的に、「変化すること」を避けようとします。

難しいことやリスクを伴うことは避け、現状維持をしようとします。

これは全ての人間に備わっている、原始時代から受け継がれてきた本能で、少しでも危険なことは避けようとする「命を守るための防御本能」なんです。

だから仮にリスクを伴わないと思われるようなことであっても、今までと違うことをしようとすると本能はそれを「リスクの伴う行動」と判断し、その人間にストレスを与え、行動を止めようとしてしまうのです。

いわゆる「三日坊主」なんかが、そうですよね。

 

でも実は、「変わらないこと」こそ最大のリスクなんです。

これまでの地球の歴史を見れば、それがわかります。

あの強くて強大だった恐竜は絶滅し、人間や小さな生物が生き残り、繁栄してますよね。

なぜこのようなことが起こったのか。

それは、人間や小さな生物が、地球の環境の変動に対して対応することができたからです。

状況に合わせて変化(進化)することができたからです。

最後に生き残るものは”強い者”ではありません。

“状況に合わせて変化できる者”なんです。

だから、変わらないことこそ最大のリスクとなってしまうのです。

 

 

じゃあ変わっていくためにはどうすればいいか。

自分の中にある「自己防衛本能」に打ち勝つためにはどうすればいいのか。

 

それは「継続して変化し続けること」です。

自己防衛本能にとっては、「変化しないこと」が通常の状態です。

これを、「変化するのが通常」の状態に変えていくのです。

そのためには、自分が変化することを受け入れていかなければなりません。

変化しなければならない場面に直面した時、尻込みして居心地の良い場所にとどまろうとするのではなく、むしろ自分から踏み出して行く勇気がいるのです。

 

最初は大変かもしれません。

しんどいかもしれません。

ストレスを感じるかもしれません。

でも面白いことに、変化するのが当たり前になれば、今度は変化しなければ落ち着かなくなるという現象が起こってきます。

変化することに慣れて、それが普通になっていってしまうんです。

こうなってくると、次第にあなたの現実も変化し始めてきます。

あなたの望む現実にも、より近づいていくのです。

 

スポンサードリンク


 


 - 自分の殻を破る , ,



カテゴリー一覧はこちら

・自分の殻を破る
・人間関係を変える
・感情コントロール法
・怒る人の対処法
・魅力的になる方法
・思考を現実化させる
・仁の会話術
・人心掌握術
・リーダー論
【全記事一覧】
【自己肯定感 診断テスト】


 

Comment

  1. ちひろ より:

    今日初めて交通違反切符を切られてショックでした。
    変われというシグナルなのかなと思いました。

    • jin より:

      もしかすると「車(バイク)を運転したりする時は、じゅうぶん注意しろ」っていう、ちひろさんの心がちひろさんに向けて発したサインかもしれませんね。

      僕もこれまで何度か違反切符を切られたことがあります。
      しかも仕事で急いでる時に限ってパトカーに捕まって身動きが取れなくなったり、お金が無い時に限ってドカンと罰金がきたり…
      だから今の僕は、交通ルールには相当うるさいですよ(笑)
      でもそのお陰で、車に関する事故やトラブルといったことは激減してくれました。

      お互い気をつけましょうね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。