仁の「学校では教えてくれない人間関係の秘密。」

*

あなたのプライドが高い理由と、それに振り回されなくなる方法を説明しよう。【アンチヒーロー編】

   


・自分の考えを人に否定されただけで、反射的にカッとなってしまう

・人に負けることや劣っていることを、認められない、我慢できない

・無意識に自分を大きく見せようとしてしまう

・何でも完璧にこなせないと、気が収まらない

あなたには、上に書いたようなことは無いだろうか?

 

スポンサードリンク



 あなたのプライドが高い理由と、それに振り回されなくなる方法

人は誰しもプライドがある。

馬鹿にされれば腹も立つ。

人に負けていると感じれば、焦りもする。

周りの人間から見下されていると感じているのに全くプライドが傷つかない、という人はなかなかいないだろう。

 

では、なぜ人から見下されていると思うとプライドが傷つくのだろうか?

実は、プライドと自信は反比例する

自信が無いからプライドも低い、ではなく、自信が無いからこそプライドが高くなるのだ。

 

人から馬鹿にされたり批判されて動揺してしまうのは、自信が無いからだ。

人から見下されて感情が乱れてしまうのは、それだけ自分の力を信じることが出来ていない証拠。

自信が無いから、他人の言葉や態度に揺さぶられる。

自信が無いから、人と自分を比べる。

自信が無いから、他人に馬鹿にされないようにとプライドばかりが高くなる。

 

自信のある人=自分を信じることが出来ている人は、他人の言動に左右されない。

感情がブレずに常にニュートラルで、周りからの批判や失敗を恐れない。

間違えることや、人から誤解されることを恐れない。

 

自信のある人は、なぜ周りの言動に揺さぶられないのか?

それは、自分の人生において何が正しいのかを決めるのは、あくまで自分であることを理解しているから。

自分を評価するのは、他人ではない。

いつどんな時でも、自分自身。

だから、他人の目や評価というのは、基本的に関係ない。

 

では自信のある人は、一体どうやって自信を付けたのか?

プライドというのは、そもそも自分と誰かを比べることによって生まれる。

周りの誰かに負けたくないという気持ちが、プライドを作る。

そして自信というのも、同じ。

自分以外の誰かに勝つことによって自信を持ち、自分以外の誰かに負けることによって自信を失う。

 

しかし自分より実力が上の人間など、残念ながらいくらでもいる。

これではいつまでたっても、揺るぎない自信を手に入れることなど出来ない。

 

もしあなたが揺るぎない自信を手に入れたいのであれば、比べる相手を変えることだ。

揺るがぬ自信を持つ人は常に、他人と比べるのではなく”過去の自分”と比べる。

昨日の自分と比べて、今日の自分は一歩でも前に踏み出せたか?少しでも前へ進めたか?成長出来ているか?

その積み重ねが、あなたの中に崩れることのない自信を作る。

自分を信頼する心を作る。

 

ほんの少しずつでいい。

過去の自分より前へ進み続けるんだ。

一発逆転など狙う必要は無いし、そんなことは出来ない。

大成功というのは、小さな成功が積み重なった結果なんだ。

だから、「何も無いとこから大成功」というのは、存在しない。

 

達成可能なチャレンジでいい。

今の自分に越えられるハードルでいい。

毎日毎日、小さなチャレンジをし続けるんだ。

少しずつでいい、昨日の自分を越えていくんだ。

それによってきっとあなたの中に、少しずつではあるが確実に揺るぎない自信が作られていく。

自分を信じるブレない気持ちが、確実に作られていく。

 

もう一度言う。

比べる相手は他人ではなく、過去の自分だ。

周りのヤツらは関係ない。

昨日の自分に出来なかったことを、1つ1つ増やしていくんだ。

その積み重ねが、本物の自信を作る。

何があろうと揺るがぬ自信、どんなことがあっても自分を信じ切ることの出来る心を作ってくれる。

 

そうなればもうあなたは、二度と周りの環境に振り回されることは無いだろう。


スポンサードリンク




 - アンチヒーロー , ,


カテゴリー一覧はこちら

・自分の殻を破る
・人間関係を変える
・感情コントロール法
・怒る人の対処法
・魅力的になる方法
・思考を現実化させる
・仁の会話術
・人心掌握術
・仁のリーダー論
・アンチヒーロー
・仁の本音
【全記事一覧】
【自己肯定感 診断テスト】


 
コメントを閉じる

メッセージはこちらからどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください