「ボクからアナタに、大切なことを伝えようと思う。」

ー学校では教えてくれない人間関係の秘密についてー

*

あなたの生きる意味・生きる目的を見つける方法。人生に価値を見いだせないあなたへ。

   


%e7%94%9f%e3%81%8d%e3%82%8b%e6%84%8f%e5%91%b3俺は何のために生まれてきたのか、

何のために生きているのか、

 

自分の生きている意味が分からない、

生きる目的が見つからない、

 

あなたはこんな悩みを抱えたことはありませんか?

いや、この記事に目が留まるということは、今現在生きることについて悩んでいるんじゃないですか?

 

生きる意味や目的については、昔からいろんなとこで議論をされています。

そして、いろんな視点から、様々な意見や考えが提示されてきました。

 

あなたもこれまで「生きる意味」について、いろいろ考えてきたんじゃないですか?

もしかしたらネットや本など、答えを見つけようとあらゆるものを調べてきたかもしれません。

 

 

それで、答えは見つかりましたか?

あなたの生きる意味、生きる目的を見つけ出すことは出来ましたか?

おそらくあなたの納得出来る答えが見つからないから、こうして僕のこの記事に来てくれたんだと思います。

 

今回は、僕自身が自分のこれまでの人生を通して見つけた「生きる意味・生きる目的」について、僕独自の視点から話していこうと思います。

もちろんこれが絶対の正解とは言いませんが、もしご参考にしていただければ嬉しく思います。

 

スポンサードリンク


 

 あなたの人生に “生きる意味” はありますか?

このテーマについて書こうと思ったきっかけは、実はある知人の発言を耳にしたことが始まりでした。

 

その知人は、特に人生に悩んでいる様子もなく、経済的にも特に困っているようには見えない。

また人付き合いもよく、人間関係によるトラブルなんかも全く無いような人です。

要領も良く、常に安定した人生を送っているように見えていました。

 

そんな知人を交えてみんなで集まっている時、話題が「人生とは何だろう?」というような話になりました。

みんなが自分の人生観や生き方について発言する中、その知人は一言、こう言いました。

「私は、ただ生きるだけ。」

 

この一言から、この知人は自分が生きることに意味を見いだせていない。

自分の人生に価値を見出すことが出来ていない。

そのことが、僕には伝わってきました。

 

あなたはどうですか?

あなたも、人生の意味や生きる目的が見えず、ただ生きているだけ、そんな生き方をしているのではないですか?

 

 

この知人の「ただ生きるだけ」発言を聞きながら、僕は過去の自分を思い出していました。

なぜかというと、僕自身も「生きる意味・生きる目的」を見つけられず、長い間苦しみ続けてきた過去があるからです。

今回のテーマをより深く掘り下げていくために、僕の過去を少しだけ話そうと思います。

 

 

 

 自分の人生の中から自分自身が消えてしまう

そもそもなぜ僕らは、生きる意味について悩んでしまうのか?

なぜ、生きる目的が見つからないのか?

 

自分の生きる意味が分からないというのは、言い換えれば、自分の存在意義自体を見失ってしまっている状態。

自分は今、何のために存在しているのか?

自分はこれまで、何のために生きてきたのか?

 

つまり、自分の存在に価値を見いだせない。

自分の存在に価値を見いだせないから、当然自分の人生にも価値を見いだせない。

その結果人生に迷いが生じ、無気力状態へと陥っていく。

 

自分に価値を感じられなくなればなるほど、それに比例するかのように人生に迷いが生じ始めるものです。

生きる意味について悩む一番の原因は、自己評価の低さ。

自分に価値を感じられない、自分はダメな人間だと思えば思うほど、

「じゃあ俺は一体何のために、ここにいるのか?」

「俺の存在って、何か意味あるのか?」

そうやって自分を追い込んでいくことになります。

 

かつての僕は、どうしようもないほど自己評価の低い、自己否定の塊のような人間でした。

 

僕は幼い頃から、自分の考えや自己主張を全くしない子供でした。

父親がとても厳しく、何をするにも常に父親が決める。

自分では何も考えず、父親の敷いたレールの上だけを真っ直ぐ歩く。

決してレールからそれたり、途中で降りたりしない。

 

以前の僕は、自分の意思というものがありませんでした。

いや、自分の意思を封印しながら生きてきました。

自分の考えは決して表に出さず、人に指示されるがままの人生。

全ての行動を、他人に委ねた生き方。

 

僕は長い間、親や周りの人間の望むキャラクターを演じ続けてきました。

周りの人間が僕に何を望んでいるのかだけを考える。

自分では何も考えず、自分では何も決断せず、とにかく周りの人間の望むキャラクターであろうとし続ける。

 

以前の僕は、自分の人生を生きていませんでした。

小さな判断から大事な決断まで人に任せ、自分では責任を負おうとしない。

周りの都合や意見、周りの気持ちにばかり合わせ、自分の人生などそっちのけ。

僕の人生の中で、僕自身の存在が完全に消えていました。

 

 

 

 生きる意味の見つけ方

長い間、僕は周囲の人たちが望むような生き方ばかりをしてきました。

周りに流され、常に周囲の意見・価値観に合わせながら生きてきました。

 

自分の人生であるにもかかわらず、他人事。

自分のことであるにもかかわらず、自分の意思で決断しない。

常に大多数の意見に従い、責任を負おうともしない。

 

僕は人生から、ずっと逃げ続けてきました。

自分の人生を、自分の足で歩いてきませんでした。

 

その結果僕は、自分を見失いました。

生きる意味を見失いました。

生きる目的を見失いました。

自分が何のために存在するのか、分からなくなってしまいました。

 

 

もしあなたがかつての僕のように、生きる意味や生きる目的が分からなくて迷ってしまっているのなら、たった今から “自分の生き方は全て自分で決める覚悟” をしてください。

これからの人生、自分の身に降りかかることは全て、自分の頭で考え、自分で決断し、そして全て自分の責任において行動すると、今ここで決めてください。

 

人というのは何かの行動を起こすと、それに対して必ず誰かが批判なり反対意見なりを言ってくるものです。

反対されると、誰しも不安になり気持ちがグラついてしまうものです。

でも周りから何と言われようと、他人の目は一切気にしない。

世間の一般常識と、自分の価値観・考えが違っているのなら、迷うことなく自分の価値観を取ってください。

自分の中の正義を貫き通してください。

 

あなた自身のことを、もっと信じてあげてください。

そして人生は一度きり。

一度しかないんです。

だから、自分を信じ、そして自分にかけてみませんか?

 

自分に起こることは、全て自分の責任。

もちろん人生には、理不尽と思えることはいっぱいあります。

でも、それでも自分の人生において自分に起こることは、全て自分の責任です。

人や周りのせいにしたって、何も変わりません。

今の自分の状況は、全て自分が引き寄せたもの。

自分が原因であるなら、自分が変われば自分を取り巻く状況も変わります。

全ては自分次第です。

 

僕自身、上手くいかないことがあれば、いつも周りのせいにしてきました。

自分は頑張ってる、自分は悪くない、悪いのは周りの人間だ。

そうやって言い訳ばかりをしながら生きてきました。

でもそれが、大きな間違いであることに気づきました。

 

世の中の出来事は全て、原因があり、結果がある。

僕が上手くいかないのは、

周りが悪い(原因)→ だから僕の人生が上手くいかない(結果)

そう考えてきました。

でもそれは単なる言い訳であって、そこには因果関係など全く無いのです。

 

例えば僕は三人きょうだいの末っ子なんですが、僕の父は三人の子供に対し同じようにとても厳しく接してきました。

その結果三人とも同じような性格、同じような人生を歩んでいるのか?と言えば、全く違います。

三人とも同じように厳しく育てられたにもかかわらず、僕一人だけ異常にメンタルが弱く、僕だけどんどん人生から落ちこぼれていきました。

上の二人とは似ても似つかない性格、上の二人とは全く違う落ちこぼれ人生を歩むこととなりました。

 

父親が厳しかった(原因)から、僕はダメになった(結果)と思うことによって、僕はずっと言い訳し続けていたんです。

でもその原因によって、決まった結果が現れるわけではない。

原因があり、その原因に対してどのような解釈・どのような態度を取るかによって、結果は全く変わってくる。

原因に対してどのような結果を手に入れられるかは、まさに自分次第なのです。

被害者意識を持っているうちは、自分の人生を生きることなど出来ないのです。

 

 

生きる意味が分からない、生きる目的が見つからないと悩んでいるのなら、それはまだあなたが自分の足で自分の人生を生きることが出来ていないからです。

自分の意思で、自分の人生を生きていないからです。

 

よく「人は生きているのではない、生かされているんだ」という言葉を耳にします。

実際僕も、幼い頃からそう言われながら育てられました。

それが間違いだとは言いません。

でも僕は、違います。

僕は生かされているのではなく、自分の意思で生きています。

自らの意思で生きることを選択したから、こうして僕は今、生きています。

 

あなたはどうですか?

自分の意思で、生きることを選択していますか?

自分の責任において、自分の人生を自分の足で歩いていますか?

 

自ら生きることを選択し、自らの意思で自分の人生を生き始めると、生きる意味や生きる目的といったものは自然と現れてきます。

自分の目の前に、姿を現し始めます。

あなたの中にある被害者意識を捨て去り、世の中の常識や価値観に迎合することなく、純粋に自分のやりたいこと、自分の理想とする生き方を貫いて下さい。

 

自分のやりたいようにやれば、いろいろ批判もされます。

もちろん、他人のことなど知ったことではない、自分の好きなようにだけ振る舞えばいいと言っているわけではありません。

他人に対する思いやりや感謝の気持ちを持つというのは、むしろ当然のことです。

そういった気持ちを持った上で、周りに振り回されず、人の目を恐れることなく、純粋に自分の価値観や考えに従って生きてみて下さい。

 

きっとあなたの人生において、生きる意味や生きる目的が見つからないといった悩みは消え失せるはずです。

 

スポンサードリンク


 


 - 自分の殻を破る , , ,



カテゴリー一覧はこちら

・自分の殻を破る
・人間関係を変える
・感情コントロール法
・怒る人の対処法
・魅力的になる方法
・思考を現実化させる
・仁の会話術
・人心掌握術
・リーダー論
・仁の本音
【全記事一覧】
【自己肯定感 診断テスト】


 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。