仁の「学校では教えてくれない人間関係の秘密。」

*

あなたの全能力を、同時多発的に底上げする方法が実はある。【アンチヒーロー編】

   

僕は不器用な人間だ。

要領も悪い。

頭の回転も、早いとは思えない。

 

実際に昔の僕は、落ちこぼれの劣等生だった。

おまけに何をやらせても、人の二倍三倍の時間がかかっていた。

ついでに言えば、元々極度のあがり症で、人前では話が出来なかった。

 

何をやってもダメ、それが僕。

しかしこれはもう、昔の話だ。

 

今では僕のことを不器用だなんて言う人間はいない。

誰も僕のことを、要領が悪いだなんて言わない。

頭の回転の早さには自信は無いが、常に周りの状況を冷静に観察し、自分の取るべき最適の判断を下すことが出来る。

 

かつて落ちこぼれだった僕は、”あること”によって、自分の全ての能力を同時多発的に底上げすることに成功した。

そしてこれは、あなたにも出来る。

あなたも僕と同じように、あなたの持つ能力の全てを底上げすることが出来る。

 

では、自分の持つ能力の全てを同時多発的に底上げするにはどうすればいいか?

それは「他人の目を気にしないこと」だ。

 

人の能力というのは、多少の個人差はあれど、基本的にはそんなに大きくは変わらない。

にもかかわらず、人によってはその結果に大きく差が出たりする。

あなたの周りにもいないだろうか?

何をやらせても不思議と出来てしまう人や、不思議と結果を出してしまう人が。

 

何をやっても出来る人・結果を出せる人がもし身近にいるなら、観察してみるといい。

そういう人間が何かの作業をしている時というのは、必ず集中モードに入っているはずだ。

そして人というのは何かに集中している時、周りのものが目に入らなくなる。

周りの音や声が、耳に入らなくなる。

つまり、他人の目や批判が全く気にならない状態になる。

そんな時、人は最大限のパフォーマンスを発揮することが出来る。

 

逆に周りの目や声を気にすればするほど、そのパフォーマンスは落ちていく。

例えば僕は以前、極度のあがり症だった。

周りの視線が、気になって気になって仕方なかった。

「周りのみんなは、僕のことをどう思っているんだろう?」

「ダメなヤツ、能力の低いヤツだと思っているんじゃないだろうか?」

そんなことばかり気にしていた。

そして周りの目を気にすればするほど、あがり症の症状が現れ、ますます上手くいかなくなる。

 

失敗してはいけない…

上手くやらないといけない…

こういった心理は全て、他人の目や他人からの評価を気にすることによって生まれる。

そしてこれが、自分にプレッシャーをかけ始める。

すると視野はどんどん狭くなり、体は緊張状態になり、冷静さを失って失敗する。

失敗したら恥ずかしい・カッコ悪い・叱られる・迷惑をかける…こういった他人の目を意識する心理が心と体に緊張状態を生み、ますます失敗を誘発することになる。

 

逆に、周りの目や周りからの評価を気にしなくなれば、心も体もリラックスし、それによって本来の実力を発揮出来るようになり、自然と結果も出せるようになり始める。

そうなると、仮にもし失敗したとしても「恥ずかしい・カッコ悪い」といった感情は生まれず、「なんで失敗したんだ?どうすれば上手くいくんだ?」といったことに意識が向き、結果的に今後の成功率は高まっていく。

 

結局僕らの人生が上手くいかないのは、他人の目や他人の評価を気にすることが一番の原因だ。

他人の目を意識しすぎることによって思考にノイズ(雑音)が発生し、ものごとをどんどん難しくしていく。

 

逆に、人の目を気にしなくなると、世界は驚くほどシンプルな姿を現す。

自分を取り巻く状況が、驚くほど単純化されていく。

人生を難しくさせているのは、自分の中にある”他人の評価を気にする心理”。

この世界を複雑で難しいものにしてしまっているのは、全て自分自身。

 

人の目を気にしなくなると、思考がどんどんシンプルになり、自分のやるべきこともシンプルかつ明確に見えるようになる。

あとは自分のやるべきことを、最短距離でやっていくだけだ。

 

そして人の目を気にしなくなることによって得ることの出来る最大の効果、それは「周りに対して変な遠慮をしなくなること」だ。

誰にも遠慮せずに、思う存分自分の力をふるうことが出来るようになる。

実はこれこそが、あなたの全能力を同時多発的に底上げする原動力となる。

 

仕事でも何でも、そう。

周りに対して変に遠慮するから、自分の持つ力を発揮出来なくなる。

上司・先輩・同僚などに対する遠慮が、あなたの力をセーブさせる。

いいアイデアがあっても、

「上司や先輩を差し置いて、発言しづらい…」

「どうせ却下させるんじゃないか…」

もっと効率的で良い方法を知ってても、

「それを言うと生意気だと思われるかも…」

「発言することによって、自分が浮いてしまうかも…」

 

そうやって周りの目を気にして遠慮するから、あなたが本来持つ力も発揮できないし、あなた自身もそこから成長することが出来ない。

遠慮すればするほど、あなたは自分自身の力をそれだけセーブすることになっていく。

 

本当に仕事の出来る人間を、見てみたらいい。

デキる人間は、周りに対して変な遠慮など一切しない。

相手が誰であっても言うべきことは言うし、周りからプレッシャーをかけられようとやるべきことはやる。

無駄な遠慮はしない。

もちろん最低限の気遣いやマナー的なものというのは、当然守ることを前提としての話だ。

 

もし今のあなたが、他人に対して変な気遣いや無駄な遠慮をしなくなったならば、「自分の中には、これほどまでの力が眠っていたのか!?」と、きっと驚くはずだ。

僕らの中には自分でも気づいていない秘められた能力が、驚くほどたくさん眠ったままになっている。

 

スポンサードリンク



 あなたの全能力を、同時多発的に底上げするために…

「そうは言っても、どうしても周りの目は気になってしまう…」

そんな声が聞こえてきそうだ。

確かに僕自身も、全く人の目を気にしないわけではない。

いきなりは当然、無理だろう。

 

そこで、人の目を気にしないためのコツを一つ話そう。

それは”開き直ること”だ。

 

「俺はあれも出来ない。

これも出来ない。

全然ダメ。

でも、だからそれがどうした?

何が悪い?

俺のせいで、この国が滅亡するとでも言うのか?

誰かの人生が終わってしまうほどの迷惑を、俺がかけているとでも言うのか?

というか、俺がダメだろうとどうだろうと、他のヤツには全く関係ないだろ?

他の人間は他の人間で、責任を持って自分の人生を歩けばいい。

俺は俺で自分の人生を、自分の責任において歩く。

他人は関係ない。

人は人、俺は俺だ。」

そうやって開き直ってしまえ。

 

カッコつけようとするな。

自分を取り繕おうとするな。

馬鹿にされても、批判されても、例え他人から誤解されようとも関係ない、放っておけ。

 

他人がどう思おうとも、関係ない。

あなたの人生において何かあっても、あなた以外の人間にはあなたの人生を背負うことは決して出来ない。

でも人は他人の人生に対して何も責任を取れないくせに、好き勝手なことを言うものだ。

そんな何の重みもない言葉に、振り回されるな。

そんな無責任でくだらない言葉に、揺さぶられるな。

 

周りに対して、これからは一切変な遠慮をするな。

あなたはあなたの責任において、あなたの価値感・ルールで己の人生を歩めばいいんだ。

あなたの人生は、あなたのものなんだから。

他人のものでもないし、他人が口出す権利も資格もない。

 

ただ誤解してほしくないのは、あなたの人生を決める権利があるのはあなた。

そして他の人の人生を決める権利を持つのは、その本人。

だからお互いが他人の人生をかき乱すことなく、互いに相手の人生を尊重し合っていかなければならない。

お互いが、一度しかない大切な自分の人生を生きている。

そして、人は独りで生きているわけではないのだから。

 

そうやって相手の意見・価値感・存在を尊重したうえで、自分の意見や考えは遠慮なく言う。

やるべきだと思うことは、遠慮なくやる。

あなたの中から周りに対する変な遠慮が無くなった時、あなたの全能力が同時多発的に底上げされるという現象がきっと起こり始める。


スポンサードリンク



 - アンチヒーロー , ,


カテゴリー一覧はこちら

・自分の殻を破る
・人間関係を変える
・感情コントロール法
・怒る人の対処法
・魅力的になる方法
・思考を現実化させる
・仁の会話術
・人心掌握術
・仁のリーダー論
・アンチヒーロー
・仁の本音
【全記事一覧】
【自己肯定感 診断テスト】


 
コメントを閉じる

メッセージはこちらからどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください