【Anti-hero Academy】~アンチヒーローアカデミー~

社会的地位、肩書、財産…そんな付属品など何も必要としない。
己の中に内在する他を圧倒するカリスマ性と、異性・同性全てを魅了する人間的魅力、そしてそこがどんな場所であっても、ただそこにいるだけで場の空気を支配してしまう強い存在感、そんな圧倒的なまでの存在感と影響力を行使して自分の人生を自分の思うままに自由に生きる。何物にも縛られず、自分の信じた道・自分の信じた生き方を思うがままに貫く。
たとえ相手が誰であろうと関係ない。年上だろうと、社会的地位があろうと、有名人であろうと、そんなものは意味をなさない。己の存在そのものだけで、ヒーロー(ヒロイン)や人気者や権力者の存在感を一瞬でかき消してしまう。善人も悪人も、全ての人間が思わず心を奪われてしまうカリスマ性と魅力を備えた者、それがアンチヒーロー

 

【Anti-hero Academy】へようこそ。主催者の「仁(じん)」です。
今回このプログラムであなたに身に付けてもらうのは、誰も抗うことの出来ない圧倒的なカリスマ性と、どんな人間であっても本能的に思わず心を奪われてしまう人間的魅力です。まさに強烈な異彩を放ち、物語の主人公の存在さえも飲み込んでしまう唯一無二のアンチヒーローが持つスキルを身に付けるためのもの。

僕のブログなどを読んでくれている人なら知っているかもしれませんが、かつての僕は対人恐怖症でした。自分に対してまるで自信が持てず、自分からは決して意見を言えない。誰かが指示してくれなければ何一つ行動も起こせない。限りなく影が薄く、存在すらも認識してもらえてるのか微妙。他人から「いい人」と言われることがあると、その日は一日中ずっと嬉しくてたまらない。

かつての僕は、まさに居ても居なくても同じ、誰からも認識してもらえないただのエキストラ。また対人恐怖症だけでなく、チック症、あがり症、ストレス性の偏頭痛など、様々な症状を抱えて生きる凡人以下の出来損ない人間でした。

このページを読んでくれているということは、あなたも何かしらの不安や劣等感を抱えながら日々生きているのだと思います。でももし今のあなたが僕のような劣等感で悩んでいたとしても、心配はいりません。

例えば仮に今のあなたが、
・自分にまるで自信が持てない
・自分が心底大嫌いで生きるのが苦しい
・自己否定を繰り返して、そこから抜け出せない
・説明しようのない漠然とした不安に襲われる
・自分の人生をどう生きていいのか分からない
・生きる意味や目的が見つけられない
・人の目や周りからの評価ばかりを気にしてしまう
・人間関係(対人関係)に悩んでいて辛い
・精神的に弱い自分を変えたい
・自分の能力を最大限発揮して活躍したい
・今の自分を変えたい
・この自分の人生を変えたい

このような悩みを抱えていたとしても、解決できます。というか今挙げた悩みは全て、かつての僕自身が抱えていた悩みですから。そして全ての悩みを乗り越え解決した僕が、その方法をこのプログラム内で包み隠さず一から全て話します。

ところで世間には成功哲学の本をはじめ、様々な「人生の指南書」が溢れ返っています。人生を上手に生きるための正しいノウハウを誰でも簡単に手に入れることが出来る、そんな恵まれた環境の中で僕らは生きています。

にも関わらず、人の悩みは尽きない。悩みを抱え、解決の糸口さえ見つけられない人が後を絶たない。おかしいと思いませんか?

では、世に溢れる成功哲学書が嘘を書いているのか?デタラメな内容が書かれていて、僕らはそれらに振り回されているだけなのか?

僕もこれまで成功哲学に関する本などを一通り読んできました。そして僕の見る限り、有名な成功哲学書というのはどれも正しいことを言っています。本によって成功までの道筋や方法に多少の違いはありますが、どの本もまさに人生の本質が見事に書かれています。

つまり僕らは、正しい知識を学んでいることになる。にも関わらず、なぜ僕らの人生は変わらないのか?なぜ上手くいかないのか?実は成功哲学を学んでも、多くの人の人生が変わることはありません。なぜかというと、成功するために必要不可欠な最重要部分が書かれていないからです。

世の成功者たちが明かさない、成功するための秘密

例えば何も始まっていないスタート前の状態が0で、最終的に目指している成功(ゴール)が10だと仮定するとしたなら、0から10までのステップで最も大変なのはどのステップだと思います?

0から10まで進んでいく各ステップで最も大変であり、なおかつ成功のために必要不可欠なステップは、実は最初の0→1に進むまでのステップです。

0→1というのは、いわば成功するための土台を築くステップ。そして土台さえ出来上がれば、1→2→3と進んでいくにつれてどんどん楽になってくるのです。

0→1というのは、いわば家づくりで言うところの土台・基礎の部分であり、1から先というのは土台の上にどんな家を建てるかということ。でも巷に溢れる成功哲学というのは、0→1を教えず1や2からいきなり説明が始まります。

いくら見た目の立派な家を建てたとしても、土台が無ければちょっとの地震で簡単に倒れてしまいますよね。そもそも土台が無いのに家を建てようとしても、建てている途中ですでに建物の重みで家が傾きます。
つまりどんな成功法則を学んだとしても、0→1のステップを理解していなければその成功法則は使いこなせない。その結果、人生が上向きになることも無いということ。

ではなぜ世の中の成功哲学書には0→1が書かれていないのか?もしくは世の成功者たちはなぜ教えてくれようとしないのか?

その理由は2つ考えられます。
まず1つ目は「話したくないから」。

0から1に進むためには、中には泥臭い努力が必要な時もあるし、綺麗事では通用しないこともやはりあるもの。グレーゾーンすれすれの事をしなければならない時もある。そんな自分のカッコ悪い姿なんて、誰だって晒したくないですよね。ましてや成功者として成功哲学書を出すようなレベルの人物にもなれば、自分に対する世間のイメージを崩すわけにもいかない。自分の暗黒時代であり黒歴史であるかつての自分の姿をみんなに知られたくないから、その部分をすっ飛ばして1や2からの見栄えの良いステップからしか語らないわけです。

そして2つ目は「そもそも成功者自身が0→1までの道のりを理解していない」。
たまたまセンスや感覚だけでコツを掴んだり、または無我夢中でやってるうちに自然と出来るようになり、気づけばいつの間にか成功していたというパターンです。成功者自身がそもそも理解していないわけだから、説明もないわけです。

残念なことに、成功するために必要不可欠な0から1へのステップは、どの成功哲学書にも基本的に書かれていません。だからどれだけ成功哲学書などを読んでも、いつまで経っても成功できないし現実も変わらないわけです。

それを踏まえた上で、今回この【Anti-hero Academy】では僕自身も正直言って話したくない自身の泥臭い部分に切り込んで話していきます。カッコ悪い部分も見せるし、綺麗事ではない非常識な部分もさらけ出していきます。単なる表面的な耳触りの良い成功哲学ではなく、誰でも理解し実践し成功できるよう、ゼロベースから僕が直接あなたに道筋を説明していきます。

成功までの道のりをショートカットする

小説、映画、ドラマ、漫画…様々な形の作品においてアンチヒーローというものは登場します。

アンチヒーローの特徴と言うと、
・物語の主人公ではないにも関わらず、主人公を飲み込んでしまうほどの圧倒的な存在感を放つ
・強烈な個性と魅力で周囲の人間を虜にし、あたかも新興宗教のカリスマ教祖のように周囲を熱狂的なファン(支持者)に変えてしまう
・自信に満ち溢れ、どんな時も自分の美学に従って生きる
・常識にとらわれず、同調圧力に屈することもなく、常に自分の信念に基づいて我が道を行く
・常に自分の心に正直で、決して自分に嘘をつかず、決して自分を裏切らない
・予測不能な存在で、見る者の想像を遥かに超えていく
・一緒に居るだけで、まるでジェットコースターに乗っているかのようなドキドキ感を感じさせる
・独特の逆らい難いオーラを身にまとい、場の空気を支配する
・誰も本能的に無視できず、どこに居ても周囲から重要視されてしまう
・独自の世界観を持つ、唯一無二(オンリーワン)の存在

こういった辺りでしょうか。
アンチヒーローというのは、いわば世の中の主流から外れた存在です。みんなとは違う、ほんのわずか一握りの少数派。であるにも関わらず、なぜ彼ら・彼女らはこれほどまでに強い影響力を発揮するのか?なぜ人々は彼ら・彼女らに感情を揺さぶられ、心を奪われてしまうのか?

それは、彼ら・彼女らが「相手の本能に直接アクセスするスキル」を持っているからです。つまり彼ら・彼女らは、相手の本能を直接揺さぶる方法を知っている、もしくは感覚的に身に付けているということ。

僕らの生きる社会は全て、人間関係によって成り立っています。そして人の抱える悩みというのは、突き詰めるとそのほぼ全てが人間関係の悩みから発せられています。例えば職場や学校での上司・先輩・部下・後輩との人間関係の摩擦だったり、プライベートにおける家族や友人との人間関係だったり、または他人と自分を比べることによって生まれる劣等感・欠乏感や、周囲とのパワーバランスなど、他人がいることによって初めて生まれる悩みがほとんどなんです。極端な話、この世界があなた一人になったとしたら、今あなたが抱えている悩みは全て悩みですらなくなりますよね。

つまり人生において最も重要なものは、対人関係を自在にコントロールするための「人間理解のスキル」。この先あなたが社会的・経済的に成功するにも、または家族や友人たちと幸せな関係を築いていくにも、あなたがどんな人生を歩むとしても深い人間理解のスキルがあれば、どんなジャンルであっても自分にとって圧倒的有利に物事を進められるようになるし、あなた自身の成長速度そのものも圧倒的に早くなります。さきほど魅力的なアンチヒーローは相手の本能に直接アクセスするスキルを持っていると言いましたが、自分と相手との間にある目に見えないパワーバランスを自在にコントロールできるからこそ、相手の本能を揺さぶり強い影響を与えることも出来るようになるのです。

実は僕らの生きるこの世界は、目に見えないものによって支配されています。例えば僕らがどんな行動を取るのかを決めているのは、自分の思考や感情です。思考や感情といったものは見ることも出来ないし、手に取って確認してみることも出来ない。でも確かに存在し、僕らの行動や人生をコントロールしているわけです。他にも愛や友情、優越感や劣等感、嫉妬や憎しみや憧れの心、後悔や羞恥心、不安や恐怖、勇気、欲望、向上心、喜怒哀楽の感情…様々な目に見えないものによって自分の行動を操られてしまっているのです。そしてそのことを、多くの人がまるで理解していない。

あなたにはこの【Anti-hero Academy】を通して、この「目には見えないもの」が見えるようになってもらい、そしてそれをコントロール出来るようになってもらいます。それはつまり、アンチヒーローの持つ「相手の本能に直接アクセスするスキル」を意図的に身に付け、自在に使いこなせるようになってもらうということです。

それにより、あなたの今後の人生はどうなるか?
あなたはまず、多くの人間関係の悩みから解放されます。そして次第に周りから重要視されるようになり、異性・同性に関係なく相手があなたを求めてくるようになってきます。

仕事においても同じく、あなたは周りから重要視されるようになり、上司やお客さんからも一目置かれる存在となります。あなたが営業職なら成績を残せるようにもなるし、社内でも出世・昇進の道がどんどん開かれていきます。

また、コンプレックスからも解放されます。実際にかつての僕は、対人恐怖症、チック症、あがり症、人間不信、自信が持てない、意気地なし、病的なまでの方向音痴、すぐテンパる…挙げ始めたらきりがありませんが、まさにコンプレックスの塊のような人間でした。しかし人間理解を深め、相手の本能に直接アクセスするスキルを身に付けてからは、あれだけ頭を悩ませていたコンプレックスが嘘のように無くなってしまいました。

見ている景色は同じであっても、見えている景色はまるで違う。その他多数の99%の人間には見えない、ごく限られた1%の「人生の成功者」にしか見えない景色が見えるようになるということ。

多くの人生の成功者たちは懸命に努力を重ねて成長し、成功を掴むことによって初めてその景色が見えるようになります。しかしこの【Anti-hero Academy】は、その逆を行きます。つまり成功する前に人生の成功者の視点を理解し身に付けることによって、最短・最小の努力によって最速で人生の成功を掴む。人生をショートカットしてしまおうということです。

入会方法

ということで今回あなたにお届けする【Anti-hero Academy】ですが、通信講座形式となっております。何者でもなかったかつての僕が、対人関係を自在に操り、人生における成功を手に入れるまでに至った道のりや具体的な方法を、全27回に分けてお伝えしていきます。今の僕の頭の中にある知識や経験を、まさにゼロから全てあなたにそっくりそのままお渡しします。ご入会いただきますと、週に一回ずつあなたの指定したメールボックスにpdfを添付したメールが届きますので、六か月と三週間という期間でその全てを学んでもらいます。

そして先に言っておきますが、この【Anti-hero Academy】では巷に溢れているような上辺だけのテクニックというものは話していません。もちろん回を追うごとにテクニック的な話はしていきますが、僕が話すのは「どんなコミュニケーションスキルや心理テクニックも自由自在に使いこなせてしまう、最も強力で重要な土台の部分」です。

なぜかというと、いくら斬新で派手なテクニックを仕入れても、それを使いこなすための土台が無ければテクニックに振り回されてしまい、自滅するのがオチだからです。はっきり言いますが、そんなものを追い求めているからこそ人生がいつまでたっても上向きにならないのです。というか、そんなテクニックを学ばなくても、僕が話す土台部分が出来上がってしまえば、必要に応じてテクニックなんてものはいくらでも生み出せるようになるので何も心配はいりません。

と言うことでこの通信講座では、これまで僕が人生を賭けて学んできた、多くのメンターたちが共通して持つ本質の部分のみを話していきます。無駄なことは一切話をするつもりはありません。とは言っても、濃い内容をいっぺんにあなたにお渡ししてしまうと内容をしっかり消化・吸収できずに中途半端な学びになってしまう恐れがあります。だからあえて今回は通信講座にして、順を追って一つひとつの内容を確実に身に付けてもらう形を取らせていただきました。

と言うことで、この【Anti-hero Academy】の講座の受講金額ですが、月々1,280円(税込)の6回払いとなっております。内容は、第0話(ご入会時に届きます)から第2話までが【序章】、第3話から第14話までが【カリスマ的魅力の源泉】編、第15話から第27話までが【運命の支配者】編という構成となっております。

「なんだ、無料じゃないのか…」
そんな声が聞こえてきそうですね。確かにこの【Anti-hero Academy】がどんな内容なのか?果たしてお金を払ってまで読む価値があるのか?といった事は、読んでみないことには判断できませんよね。

なので今回は期間限定で特別に、第4話を読み終え、その後の第5話が始まる数日前から料金が発生するように設定させていただきます。つまり第0話から第4話までの5話分を実質無料で読めるということです。もちろん最初の5話だけでこの【Anti-hero Academy】の内容をお伝えすることは当然できませんが、このプログラムの雰囲気といったものはお伝えすることが出来ると思います。

まずは最初の5話を、ぜひ手に取って読んでみてください。そして「このまま続けて読む価値は無いな」と判断されたなら、第4話を読み終えた段階で解除ボタンを押して退会してください。料金が発生することはありませんので。

そして、このまま僕と一緒に学んでいこう、僕と共に進化・成長していこうとあなたが思ってくださったなら、そのまま引き続いて受講し続けてください。その時は、共に生きる仲間として僕の知識や経験といったものをあなたに全力でお渡ししていきます。

つまりこの【Anti-hero Academy】を受講すべきかどうかを、全くのノーリスクで判断できるということです。また入会された後でも、途中で気持ちが変わればいつでも解除ボタン一つで退会することも出来ます。

実は本音を言えば、全て無料で提供したいというのが正直な気持ちです。しかしこれを無料で提供してしまえば、どんなにあなたが真剣に読んでくれても無意識に「無料スイッチ」が入ってしまうのです。つまり「無料なんだから、どうせそれなりのことしか書かれてないんだろ」と、あなたの心が無意識にそう感じてしまい、学びのスイッチがしっかりとONにならないということ。

それと、これは個人的な話になるのですが、今回こういったプログラムを作って多くの人にお届けするまでに、僕自身もこれまで多くの時間とお金と労力を投資してきました。そして実際にこのプログラムのシステムを稼働させ続けるためには、当然ですが経費がかかります。つまりこの【Anti-hero Academy】を稼働させていくためには、諸々の維持費などを捻出しなければなりません。また、より良いものをより多くの人に提供するためにも、僕自身も今まで以上に学んで成長していかなければならないし、そのためにも自己投資が必要です。つまり僕自身の価値を最大化させ、それによってより良いものをあなたに提供していくためには、経費や自己投資といった”コスト”がどうしてもかかってしまうということ。本来はここまで話すべきではないのかもしれませんが、正直に話した方がより納得していただけると思って話しています。

ちょっと話が逸れてしまいましたが、この【Anti-hero Academy】では、人生の底辺を一生歩き続けるはずだったこの僕が、多くの時間とお金と労力を投資して自分の人生を逆転させるまでに至ったその秘密をお話しします。

学校や家庭や会社では絶対に教えてくれない、いや、教えられる人がいないと言った方が正しいでしょうか。いわゆるごく普通に生きている99%の人間では決して知り得ることのない人間関係の真実。あなたの常識、価値観、人生観…そういったものを根底から覆し、必然的に成功体質へと変えてしまう、そんなごく1%の人間しか知らない話をします。きっと、あなたがお支払いいただいた金額を遥かに超える価値を提供できるはずだと、自負しています。

 

さぁ、心の準備はいいでしょうか?
では、今すぐ下の申し込みボタンを押して【Anti-hero Academy】の世界へと飛び込んでください。ボタンの向こう側で、待っています。

 

>【Anti-hero Academy】へ申し込む<

第0話から第4話までは無料。
第5話から月々1,280円(税込)×6回払い。
お支払方法は、現在クレジットカードでのお支払いのみとなっております。

 

特定商取引ページ