仁の「学校では教えてくれない人間関係の秘密」

~子供の頃に憧れた大人になれていますか?~

*

人と仲良くなるには聞き上手になれ…なんて大間違い!!人と打ち解けるための秘訣とは

      2016/01/27


聞き上手人と仲良くなりたいんだけど、いつも会話が続かない…

なかなか他人と打ち解けられない…

どこへ行っても周りが自分に対してよそよそしい…

心を開いてもらえない…

 

他人と上手くコミュニケーションを取るのってホント難しいですよね。

特に新しい環境や人間関係などが変わると、周りと仲良くなるまでに時間がかかったり、またはみんなの輪の中になかなか入れなかったり…

 

何を隠そう僕自身、周りと打ち解けたり仲良くなるまでにすごく時間のかかる人間でした。

自分から人に話しかけることもなく、周りが話しかけてくれたら会話する。

僕のことを本当に理解してくれる人間だけとしかコミュニケーションを取らない、いや、取れない。

そんなすんごく不器用な人間でした。

 

あなたはどうですか?

誰とでも、苦手なタイプの人や初対面の相手とでも上手くコミュニケーションを取ることはできますか?

今回は、自分が仲良くなりたい相手、なかなか打ち解けられない相手、知り合ったばかりで仲良くなるきっかけがほしい相手、そんな相手と短期間で仲良くなるにはどうすればいいか、コツやポイントについて話していこうと思います。

 

スポンサードリンク


 

 “聞き上手”は逆効果!?

なかなか打ち解けられない相手や知り合ったばかりの相手と、どうやったらすぐ仲良くなれるか。

あなただったらどんな方法や作戦を考えますか?

このサイトのこの記事が目にとまったということは、おそらくこれまでにも「人と仲良くなる方法」についてネットや本などで見たことがあるんじゃないかと思います。

 

上手なコミュニケーション方法や会話のテクニックなんかを調べると、たいてい「聞き上手になれ」ってフレーズが出てきますよね。

つまり自分の思いや話ばかりするんじゃなく、相手の話にも耳を傾け、相手の考えや気持ちなんかを引き出して共感してあげようってことですね。

確かに人は、自分の考えや思いを聞いてくれたり認めてもらえたりすると嬉しくなるものです。

こっちの話を全く聞かない、聞いても批判や否定ばかりしてくるような相手とは、誰も仲良くしようだなんて思わないですもんね。

だから僕もこの「聞き上手になれ」って考え方、賛成です。

実際に僕も、普段の会話で意識してますしね。

 

でも、聞き上手になることが常にいいとは限らないんです。

実は、特に初対面の相手なんかに対しては、この法則はなかなか当てはまらなかったりするんです。

逆に相手との距離をさらに広げてしまうことも…

 

 

 

 仲良くなるために必要なこと

初対面の相手やまだ打ち解けることができてない相手だと、「聞き上手」の法則がなぜ逆効果になることがあるのか。

その理由は、人の心の中にある「恐怖心」が関係しているんです。

 

相手とまだ打ち解けることができてない状態だったり初対面の場合だと、当然ですが相手はあなたのことをあまりよく知りません。

あなたががどんな性格で、どんな考えを持っていて、どんなことに興味を持っているのか…

人間は自分の知らないもの(こと)に対して、本能的に「恐怖」を感じるようにできてます。

 

例えば今あなたが触っているパソコンやケータイ・スマホ。

今は自在に操ってるかもしれませんが、それを初めて手にした時のことを覚えてますか?

最初は恐る恐る操作しませんでしたか?

 

これどうやって操作するんだろう…

変なボタン押して動かなくなったらどうしよう…

 

人間は知らないものに対しては、本能的に恐怖を感じるんです。

 

車やバイクの運転だって、初心者の時は恐る恐る操作してましたよね。

初めて行くお店に入る時なんか、入る瞬間少しドキドキしませんか?

人間は未知のもの(こと)に対して本能的に恐怖を感じ、無意識に身構えてしまうんです。

そしてこれは、人間関係にも当てはまるのです。

 

人は知らない相手だと警戒心が働き、無意識に身構えてしまいます。

そんな相手に対して言葉や感情を引き出そうとしても、難しいですよね。

相手も聞かれれば聞かれるほど、さらに警戒心を強めていき、むしろこちらとの距離をあけようとしてしまいます。

 

じゃあ一体どうしたらいいのか。

どうやったら相手の警戒心を取り除き、距離を縮めることができるのか…

 

 

そのためにはまず、自分のことを知ってもらうのです。

聞き上手になる前にまず、自分のことを知ってもらうんです。

自分はどんな人間なのか、どんな性格なのか、どんな趣味を持ち、どんなことに興味を持っているのか、相手から話を引き出すより先に俺(私)はこんな人間なんだよ、と相手に対してオープンにすることです。

そうすることにより相手の警戒心も下がり、より早く打ち解けることもできるようになるのです。

相手もこちらがどんな人間かというのがわかれば安心し、口元が緩んできて自然に話しやすい雰囲気にもなっていきます。

 

つまり初対面やなかなか打ち解けられない相手に対しては、聞き上手になろうとするのではなく、まずは自分中心に話していき、自分という人間を知ってもらうのが早く打ち解けるためのコツなのです。

ある程度打ち解けることができれば、ここで「聞き上手」が効果を発揮し始めるのです。

 

初対面やまだ打ち解けてない相手に対して、自分からオープンに話していくのはちょっと勇気がいるかもしれませんね。

でもそれは相手も同じ。

相手も、よく知らない相手と話をするのは勇気がいるのです。

だからあなたから、きっかけを作ってあげましょう。

あなたの方から自分をオープンにし、相手の警戒心(恐怖心)を取り除いてあげ、打ち解けるきっかけを作ってあげましょう。

 

スポンサードリンク



 - 人間関係を変える , , ,



カテゴリー一覧はこちら

・自分の殻を破る
・人間関係を変える
・感情コントロール法
・怒る人の対処法
・魅力的になる方法
・思考を現実化させる
・仁の会話術
・人心掌握術
・リーダー論
・仁の本音
【全記事一覧】
【自己肯定感 診断テスト】


 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。